自分にあった使い方で!電子マネーと現金払い

情報流出の可能性があるクレジットカードより安全な現金払い

お店で何かを買う時には必要なお金。一生懸命働いて得た大事なものですから、無駄にはしたくないですよね。また、支払いにクレジットカードを使えば楽で良いけど後払いなのでついつい使いすぎてしまったという経験があるのではないでしょうか。さらに、特に通販での買い物であり得ることですが、カードの情報が流出してしまう可能性があるのであまり使いたくないと考える人もいると思います。なのでクレジットならお得になる場合があっても、不安なのであえて安全な現金払いにしている人がいると思います。でもクレジットカードでなくてもお得に買える支払い方法があり、それが電子マネーです。これは一部を除いてほとんど通販で使うことができないので、情報流出の心配がありません。また電子マネーを使うにはあらかじめ現金を入れる必要があるので、ムダ使いも減ります。

現金払いとクレジットカード払い、両方の良いとこどり

現金払いの長所はお金を使っている実感があること、短所はポイントが得られないことです。一方、クレジットカード払いの長所は普段の買い物でポイントが得られることですが、ついつい使いすぎてしまったりカード情報が流出する可能性があるのが短所です。そもそも「ポイントなんか貯めなくて良い」と思う人もいるかもしれませんが、1P=1円のように現金として使えることを考えると無いよりはあるほうがいいと思いませんか?
それなら、両方の長所を取った方法で買い物の支払いができたら良いですよね。それが電子マネーです。この方法なら暗証番号を入力する必要がないのでカード情報が流出することもないですし、電子マネーを使う前にはお金を入れておかなければならないので、現金を使っている実感がある上にポイントも貯められます。一石二鳥どころか三鳥にもなるので、自分のお金の使い方に合っているなと思った場合には使ってみてください。