決済の仕組み!プリペイド型とポストペイ型

電子マネーの決算方法にも種類がある!?

年々、電子マネーを利用する人も増え、それに伴って電子マネーの種類も多くなっています。電子マネーは簡単に発行できるため気軽に利用している人も多いのではないでしょうか?実は電子マネーには決済の方法に種類があり、プリペイド型とポストペイ型に分かれています。電子マネーを利用する人は決算方法の違いについて知っておくとよいでしょう。まず、プリペイド型は先にカードに現金をチャージしておいて支払いをする方法です。流通系電子マネーなどはプリペイド型に多く、みなさん1枚は持っているのではないでしょうか?ポストペイ型の電子マネーはクレジットカードのように後から支払いになります。ただしポストペイ型の電子マネーはクレジットカードとは違い多くの場合に暗証番号の入力や署名の必要がありません。

決算方法によるメリットとデメリット

プリペイド型とポストペイ型にはそれぞれメリットとデメリットがあります。プリペイド型のメリットは、現金をチャージしないと使用できないため子どもや高齢者などに持たせても大きな心配がないという点です。デメリットは残高がない時にはレジでチャージの手間を取られることです。ポストペイ型については、メリットはチャージの必要がないため残高不足の心配をせずに買い物ができることです。デメリットは使い過ぎや金銭感覚が狂う心配があることです。ポストペイ型の電子マネーについては、いくら使用したかなど把握して利用する必要があります。電子マネーにはこのように色々な種類がありますが、ポイントが貯まるものやキャンペーンに参加できるものもあるため、賢く利用すれば現金で支払うよりもお得です。電子マネーの仕組みを知りお得に買い物をしましょう。